のれんを作る前に決めておく・オプション(防炎加工・撥水加工)を決める

お店で使うのれんはお店の顔ともいえる重要なものでもあります。
ある程度綺麗な状態を保てるもの、丈夫なものに仕上げていきたいところです。

そのため、作成するときにはどういったオプションを付けていくか
ということについても考えておかなくてはなりません。

特に汚れやすい場所、火のある場所などで利用するときには
注意が必要になります。疑問に思うこと

その場所に対応したものを作成できるようにしていきましょう。
お店の外などにのれんをつける場合には、雨などでぬれてしまいやすくなります。

場合によっては色落ちをしたり、劣化しやすくなったりしてしまう事もあるのです。
そのため、雨にさらされやすい場所に付けたい場合は
前もって撥水加工にしておくと、濡れることによる影響を
少なくすることができるのでお勧めです。

汚れやすい部分なども、撥水加工にしておけば汚れが
付きにくく取れやすいので飲食店などにもおすすめです。個性が表れる

火を扱う場所に近いところでのれんを使うというときには、
防炎加工をしておくと安心です。布でできている以上
どうしても燃えやすいということになりますから、
安全性を考えるとこうしたオプションは必要になります。

こうした加工をするかどうかはのれんを作る前に
決めておかなくてはなりません。

できてしまってからでは対応できないものもあるので、
前もって考えておくようにしましょう。

設置場所と注意点を考えつつ、適切なオプションを
付けていくようにしたいものです。