のれんの生地の選び方

のれんを作成する時は、麻・綿・ポリエステル等の生地が
利用されていますが、業者によって扱っている種類には違いがあります。

また生地は使われている線維の種類が違うだけでなく、
その見た目、風合い、発色、色落ち等の点でも違いがあります。

その為、実際に作成する場合は予めどれを利用するかを決めておきます。シンプルに上品に

決める場合のポイントとなる事の一つが、
どの場所で利用するかと言う事です。
どのような見た目ののれんを求めているのか、
さらに分厚い物が良いのか、薄いタイプが
良いのかでも選ぶ物が変わります。

さらに管理手入れでも選ぶべき線維が変わる為、
どの人も同じものを選ぶと言う訳ではありません。

また実際にはどんな線維を利用しているかと言う事でも
値段にも差が出てくる場合も有ります。どうするべきか

実際にのれんを作成する時は、デザインや色、さらにサイズ等を
決めるだけでなくその生地の種類も決めます。

ただ、以前から作った事がある人や、布の風合い、
肌触り等について良く分かっている人であれば
自分の希望する種類が簡単に分かりますが、
初めての場合はなかなか何を利用すべきか
分からないと言う事も少なくありません。

さらに綿や麻以外の種類の物を利用している業者も存在しています。

実際に何を使って作るか決める場合は、その業者の利用している
材料の見本を取り寄せ、風合い、質感、発色、管理や手入れ方法等から
総合的に判断してどんな種類の物を利用して作るか決める事になります。