さまざまな種類があるのれん

京都のれんが製作しているのれんに使用されている生地は、さまざまなものがあります。
綿や麻などの生地の他に、ポリエステルを使用したのれんが作れるのです。

のれんで環境問題に取り組む

ポリエステルは、ペットボトルなどのプラスチックからリサイクルして作られた合成繊維になります。
世界中で使用済みのプラスチックはゴミとして扱われることになり、環境破壊の問題が出ています。

このゴミとなるペットボトルを有効活用したものがポリエステルになります。
京都のれんでは環境に配慮したサステナ帆布のれんを作りだしている会社で、環境問題に積極的に取り組んでいます。

京都のれんのポリエステル生地を使用したものは、ポリエステル100%のエステル天竺や麻風スラブになります。
エステル天竺は、綿の天竺のように綿感を醸し出した合成繊維になり厚みがあって丈夫な生地です。

麻風スラブは視覚的にキビラ麻のような麻感を醸し出した仕様になります。
ポリエステルひとつとってもさまざまな質感のものを用意しているので、好みのデザインののれんを製作することができます。

この2つの素材はインクジェット印刷ができるので、多配色にすることが可能になり高いデザイン性の、のれんを作成することができます。

京都のれんの環境への配慮

京都のれんは、のれんなどを製作する場合、生地にこだわっています。
環境に優しいペットボトルの再利用で作られたポリエステルを積極的にのれん作りに使用しています。

京都のれんののれんはフルオーダーで環境にやさしいのれんを作れるので、人気が高いです。
のれん作りだけではなく、99%ペットボトル再利用の風呂敷も製作・販売しています。

レジ袋の有料化に伴って環境に配慮してプラスチック製品を減らす取り組みをおこなっています。
この風呂敷はペットボトルのリサイクル樹脂99%使用の再生ポリエステル繊維を使用している風呂敷で、エコバッグの代わり使用することができます。

何度も繰り返して使うことができるので、レジ袋の削減を可能にし、二酸化炭素の排出を抑制させることができます。
京都のれんは無水無紙の顔料のダイレクトインクジェットプリントを使用した、環境にやさしいエコな手ぬぐいも製作しています。

京都のれんはこのように、エコを意識しながら消費者が使いやすい製品をたくさん製作・販売しています。
京都のれんの製品を購入して使用することで、気軽に環境問題に取り組むことができるようになります。

ポリエステル素材ののれん

環境に優しいことをしたいと考えている方で、何から始めたら良いのか分からない方などは、京都のれんの製品を利用すると良いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)