のれんを作る前に決めておく・サイズの決め方

のれんというものは、自分で作ったりも出来ますが
そういった機械がない場合には、業者などに依頼をして
作成してもらいましょう。

入り口などによく、布などが飾られているところが
あったりしますが、お店の名前などを入れたりすると
とても大きく目立たせる事が可能ですので、これは
お店の宣伝にももってこいの品物です。

のれんの仕様

使い道は様々ですが、自分の部屋に吊るしたいと
いうのであれば、おしゃれに飾るということも良いでしょう。

夏場などは、ドアでなくのれんにする事により、涼しさを
感じる事ができますので、暑い時には薄手の生地のものを
使用したものを、吊るしてみましょう。

その際にサイズアウトなどをしてしまうと、見た目なども
悪くなってしまいますので、サイズを測るということは
とても重要になってきます。手作業

小さすぎても、大きすぎても、入り口に飾るものですので
目立ってしまい、少し見た目の印象なども悪くなってしまいます。

そうならないように、きっちりとしたサイズのものを
使用するようにしましょう。

絵柄は、自分の好みに合わせてプリントするのも
良いので、人目の引くようなものを作ってみるのも
面白いかもしれません。

ドアでなく、のれんにすることで風通しが良くなりますので、
夏場は涼しく過ごす事が可能です。

エコに繋がる事ですので、部屋の雰囲気を変えるという事でも、
気分転換にもなりますので、挑戦してみるのも良いかもしれません。

自由にアレンジして、作ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)