グラフィックデザインができれば非常に簡単です

のれんを専門会社に発注をする際には、ネット上で営業する専門店を利用すると、格安で利用できるメリットの他に、完全にオリジナルデザインで作成してもらえるメリットがあります。

のれんは本来は店先の出入り口の上に掛ける用途になり、和風スタイルの店舗系では必須アイテムとして用いられています。
一方でインクジェットプリントでカラフルに印刷を施したのれんにおいては、和風にこだわらずに自由な発想での利用が可能です。

カラフルなのれん

店舗系は勿論のことですが、自宅用でも使う方法はあり、のれんがあることにより風情を感じられますが、インクジェットプリントでフルカラー印刷を行った場合は、そのデザイン次第では他でも効果を発揮できます。

各のれんの専門店では、ネット上に公式サイトを開設していることが多く、1枚からでも発注可能とする専門店が多い中、風情とは真逆な発想でのデザインにも対応するので用途の範囲は広がります。

インクジェットを使うデザインに関しては色数が多くできることや、グラデーション加工ができることをメリットにすることができます。
普段からグラフィックソフトを使い慣れている方であれば、各店舗で対応する画像データの拡張子を確認した上でデータ作りを行うことも基本です。

のれんのデザインを優先するにはフルカラーは万全です

のれん作りを希望する方は、ネット上で営業する専門店を利用すると、オンライン上で全てのやり取りで希望通りのアイテムを作ることができます。

印刷方法にはインクジェットプリントを採用する専門店も多く、その他の印刷方法では表現することができないおしゃれなデザインでも十分に対応できます。

のれんの場合は一般的にシンプルなタイプが多く、片隅に小さな文字で店名を名入れしているタイプから、全体を使っても名入れ部分は1色のみで作られていることも目立ちます。

従来型のタイプではなくもっと自由な表現可能なのれんに仕上げたい方は、インクジェットであればフルカラーは勿論のこと、美しいグラデーション、細かな文字入れからデザインの細部にわたってデザインをそのまま印刷できるので非常に効果的です。

のれんデザインの表現

優れた専門店を利用すると、のれんの素材でインクジェット対応の場合はポリエステルに限定されてしまいます。
ところが専門店によっては麻風や綿風として特殊加工で作られた素材に対応している場合もあるので、単にグラフィックを魅せるのではなく、質感まで高めたいと希望する際には、特殊なポリエステル生地を使える専門店に任せることで全てを希望通りに完成させられます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)