グラフィックデザインができれば非常に簡単です

のれんを専門会社に発注をする際には、ネット上で営業する専門店を利用すると、格安で利用できるメリットの他に、完全にオリジナルデザインで作成してもらえるメリットがあります。

のれんは本来は店先の出入り口の上に掛ける用途になり、和風スタイルの店舗系では必須アイテムとして用いられています。
一方でインクジェットプリントでカラフルに印刷を施したのれんにおいては、和風にこだわらずに自由な発想での利用が可能です。

カラフルなのれん

店舗系は勿論のことですが、自宅用でも使う方法はあり、のれんがあることにより風情を感じられますが、インクジェットプリントでフルカラー印刷を行った場合は、そのデザイン次第では他でも効果を発揮できます。

各のれんの専門店では、ネット上に公式サイトを開設していることが多く、1枚からでも発注可能とする専門店が多い中、風情とは真逆な発想でのデザインにも対応するので用途の範囲は広がります。

インクジェットを使うデザインに関しては色数が多くできることや、グラデーション加工ができることをメリットにすることができます。
普段からグラフィックソフトを使い慣れている方であれば、各店舗で対応する画像データの拡張子を確認した上でデータ作りを行うことも基本です。

のれんのデザインを優先するにはフルカラーは万全です

のれん作りを希望する方は、ネット上で営業する専門店を利用すると、オンライン上で全てのやり取りで希望通りのアイテムを作ることができます。

印刷方法にはインクジェットプリントを採用する専門店も多く、その他の印刷方法では表現することができないおしゃれなデザインでも十分に対応できます。

のれんの場合は一般的にシンプルなタイプが多く、片隅に小さな文字で店名を名入れしているタイプから、全体を使っても名入れ部分は1色のみで作られていることも目立ちます。

従来型のタイプではなくもっと自由な表現可能なのれんに仕上げたい方は、インクジェットであればフルカラーは勿論のこと、美しいグラデーション、細かな文字入れからデザインの細部にわたってデザインをそのまま印刷できるので非常に効果的です。

のれんデザインの表現

優れた専門店を利用すると、のれんの素材でインクジェット対応の場合はポリエステルに限定されてしまいます。
ところが専門店によっては麻風や綿風として特殊加工で作られた素材に対応している場合もあるので、単にグラフィックを魅せるのではなく、質感まで高めたいと希望する際には、特殊なポリエステル生地を使える専門店に任せることで全てを希望通りに完成させられます。

伝統的から近代的まで色々な染め方

多種多様なデザインが特徴的なのれんですが、そのデザインに仕上げるための染め方は色々あります。

のれんデザインのポイント

昔ながら染め方の場合は色の薄い生地を用いて、デザイン上の薄い部分はそのまま残し、それ以外のところに濃い色を重ねていくという流れです。

その薄い部分には蝋を浸透させ、染料が染み込んでしまうのを防ぎます。そして実際に色を乗せる際には、広い部分は刷毛、細かい部分は筆と使い分けをします。

その他にも、生地を縛ったりねじるなどで染料が染み込む範囲を限定して独特な模様を作ったり、化学反応を用いて色を染み込ませるなど様々な方法があります。

もちろんそれぞれ仕上がりの雰囲気や完成するまでの期間、費用が異なってくるので、最適なものを選択することが大切です。

また、現代ののれんでは伝統的な染め方の他に、印刷技術を使用したものもあります。

コンピュータ制御された機械を用いるため、複雑なデザインでも簡単に出力できる方法です。

その場合は生地の内側に染料を浸透させるのではなく、表面に乗せる形になることがほとんどです。

そのため裏側に移るのを防げる可能性が高いということなので、両面で異なる見た目ののれんにしたい場合に適しています。

事業で使用する場合は法律に注意

一般的な家庭などで使用する暖簾には関係のないことですが、事業で使用する場合には防炎消防法に注意しなければなりません。

不特定多数の人が出入りするような場所で万が一火災が発生した際に、炎が燃え広がるのを防ぐことを目的とした法律です。

防炎加工の決まり

その対象となるのは大型の百貨店や劇場など色々あり、その中には飲食店も含まれます。

具体的には防炎加工を施した製品を使用しなければならず、場合によってはそれが義務付けられています。

そして劇場で使用する暗幕や工事の保護カバーなど対象は幅広く、特に暖簾に限ったことではありません。

いずれにしても防炎消防法の義務の対象となっている場所であれば、防炎加工が施してあり、なおかつその認定を受けたものを使用する必要があります。

一定の基準を満たせれば防炎シールを張り付けることができ、それが法律を順守している照明になります。

つまり自分で加工をするだけでは不十分で、すでに加工されているものか、シールを張り付けられるところに依頼する必要があります。

暖簾の場合はあらかじめ基本の形を他と変わらない素材で作っておいて、後から防炎性能を付加できる専用の薬剤に浸すことが多いです。

のれん製作で気を付けるポイント

のれんは、お店の印象を決めてしまう非常に重要なアイテムになります。
そのため、のれん作りはポイントを抑えて行うことが大切になります。

お店の特徴を伝えるために、大きく店名をデザインしたものや、あえてロゴや店名を隅の方へ配置し高級感を出す方法もあります。

飲食店ではのれんに自慢の料理を印刷しているものもあります。インターネットから注文できる多くのれん製作サイトでは、初めての方でも簡単に注文できるように、手書き文字や手書きのイラスト、エクセルで作ったデザインでの注文ができるところが増えています。

注文が簡単

のれん作りで重要なことはデザインの他に長さも大切です。注文する時は、用途やお店の雰囲気を考えて適切な長さを測って依頼する必要があります。

例えば、飲食店や店舗で使うサイズとして横幅は、間口の大きさに合わせる方がきちんとしたイメージになりやすく、お客さんも入りやすいサイズになります。

横幅に比べて縦幅は、標準サイズの三尺七寸と言われる113センチや、店内の様子が分かりやすい57センチ、目隠しの目的で使われることが多い160センチ以上サイズがあります。

1センチ単位で見積もりをしているサイトも多いので、希望のサイズを注文することが可能です。

綿素材で作るのれんのメリット

寒いシーズンにも重宝する柔らかく暖かな綿素材は、衣類にも多く使われており、丈夫で耐久性が優れているといった意味で、のれん作りにも適した素材で広く使われています。

綿素材の暖簾

綿は透ける素材ではないため、目隠しや間仕切り、日よけなどの物理的な目的でも有効で便利な素材です。

また、和の雰囲気を前面に演出したい場合も、この素材はおすすめの素材になります。
布地の特性から、自然なおもむきや高級感が出ることや、発色効果が高いので様々なカラーを入れたり写真の印刷も綺麗にできるといった特徴があります。

インターネットでのれんを注文できるサイトでは、この非常に扱いやすい素材を使った商品を販売するサイトも多く、日本らしい伝統的な模様や季節の趣向を凝らした上品なイラストをといり入れた既製品の販売もしています。

素材の特徴から看板の代わりに利用できたり、お店の中の間仕切りとして活用できるので飲食店や店舗で人気があります。

柔らかく手触りが良い素材の為、店内に入る際にくぐりやすいというメリットもあります。

最近では、高級感や質感が良いなどの特徴から、役者さんや出演者へ楽屋用のれんとして贈答用に依頼する方も増えています。

京都のれん株式会社で十番糸を使ったのれんをオーダー

さまざまな衣類に活用されています

のれんを作成するのにいろいろな素材が使われますが、
十番糸は薄地の柔らかい素材になっています。

十番天竺とも呼ばれていて、法被などによく使われていて
十番糸の厚さの単位になります。

柔らかい素材ですが十番の糸で織られているので非常に丈夫で、
のれんとしてしっかりとした印象を演出することが可能です。

軽さが特徴的な素材ですが、この名前の由来はインドにあると
言われています。

オーダーのれん

いろいろな生地や編み方などが存在している現在において、
衣類を購入する際デザインはもちろん、素材でも選ぶことが
行われています。

以前から利用されてきたものの中に天竺素材というアイテムが
あり、インドがその由来になっている素材です。

インドには天竺と呼ばれていた背景があり、インドから輸入
した生地がそう呼ばれるようになりました。

たくさんの衣類に応用することができ、セーターや寝具の
シーツなどに利用することが可能です。

軽量で通気性に優れていることから使い勝手が良く、
シャツ類の場合はポリエステルと綿などで編まれた
素材を利用することができます。

汗を吸収することができたり、肌触りが良く洗ったとしても
比較的短時間で乾くことが特徴的です。

伝統的な技法や最新技術を利用できます

京都のれんでは十番糸などをつかったさまざまな種類の
のれんを製作することができます京都のれんが製作したり
販売するものはすべて日本製で、日本における伝統工芸に
携わる職人の考え方や仕事の仕方などを活用しています。

のれんには日本製であることを意味する品質表示マークが
付与されていて、伝統的な技術を尊重しながら新しい技術
を導入している会社です。

デザイン

例えばのれんを製作する場合、欠かせないのは染色ですが、
従来だと本染め(染め抜き)が一般的でした。

本物志向のクライアントにはこのような技法をすすめて
いますが、近年プリント技術などの向上に伴い、京都のれん
ではインクジェットプリントを活用したのれんの制作にも
対応しています。

プリンターを使って紙にフルカラー印刷するような感じで
製作することができ、細かく繊細なデザインやたくさんの
色を使ったデザインを実現することが可能です。

最新のデザインソフトを使いクライアントにデータを
製作してもらうことで、コストを抑えることができます。

生地の素材や糸の種類などたくさんのアイテムから
クライアントが選択することができ、伝統的なものから
最新式の技法まで、幅広く対応することができます。

のれん製作の前に書体と色を決める

のれんはお店などの入り口に掛けられるものですから、
いらしたお客様などの目に最初に触れるものでもあります。

ここでの印象が来店するかどうかに大きな影響を与えることになります。

のれん書体

特に不特定多数の人に来てもらうような場合、お店の宣伝も
兼ねたものとなりますから、用途に応じて、効果的な宣伝となるものを
作成していくようにしたいものです。

そこでのれんの全体像を考えるときに重要となる
二つのポイントとして、書体と色というものが挙げられます。

お店の名前などを入れることが多いものですが、同じ店の名前でも、
書体が違う事で大きく印象が変わります。

毛筆だと和風の印象になりますし、その中でも楷書だと
きちんとした印象、草書だと優雅な印象など、見た人に
与える印象が変わってくるものです。

かわいらしくポップなものもありますから、お店のテイストによって
選ぶことができます。色も大きなポイントとなります。

デザイン選び

明るい色なのか、落ち着きのある色なのか、どのような印象を
持ってもらいたいかによって選ぶべきものは変わってきます。

書体によって合う色などもありますから、自分なりに
イメージを考えつつ合わせていくことが重要です。

細かい調整は作成時の打ち合わせで行っていくことになりますが、
大まかなイメージについては前もって固めておいたほうが
スムーズに作成することができるでしょう。

後悔しないのれんづくりができるように、今のうちから
イメージを作っておくことがオススメです。

のれんを作る前にデザインを決める

のれんはお店などの顔となる重要な部分ですから、
お客様の目に留まるようなものに仕上げていく必要があります。

そこでしっかり考えておきたいのがデザインです。
インパクトがあり、お店の雰囲気を伝えることができるようなものに
しておくと、宣伝効果も高くなるということができるでしょう。

まずはこうした部分を中心に考えていくようにしてみましょう。
まずは全体の印象について考えてみましょう。

特に気にしておきたいのが全体のカラーです。
食べ物を扱うところなら暖色系のほうがおいしそうで
暖かそうに感じやすいはずです。

デザイン

逆に清潔感なら寒色系のほうが出しやすいでしょう。
こうした形で全体の色を決めていき、そこからデザインを
考えていくのもおすすめです。

のれんはそれほど大きなものではないので、
情報を多く盛り込むということはしづらいです。

余りにもたくさんの情報を入れようとすると、逆にごちゃごちゃして
みえにくくなってしまう事もあるので注意しましょう。

絞り込んだほうが伝わりやすくなるという事もあるものです。
店舗名などを入れるだけでも、どのような字体にするかなどについて
変化がつけられます。

生地

和風のイメージにしたければ毛筆の書体を使うなど、
書体を変えるだけでもデザインが大きく変わってきます。

このように、宣伝に効果的なのれんを作成するためには
考えておくべきことがたくさんあります。

必要な情報を盛り込みつつキレイに見せるためには工夫が必要です。

日よけのれんと2・3連のれんの決め方

とても日当たりの良い位置に店舗を構える事ができたのは良いが、
夏場などは日当たりが良すぎて、陽射しが店内にまで入り込んで
困っている店も珍しくありません。

その陽射しの強さに対策するために、のれんを作成している店舗は
現代でも多く、日よけ効果の高さに大勢の方々が満足しています。

陽射しを通しにくい生地を使う事もできるからこそ、店内にまで
紫外線が届かないように対処できますし、お客さんに
店先の椅子に座ってもらう際にも役立てる事が可能です。

日よけ暖簾

のれんで日よけをしながら、店先で風景を眺めつつ
食事を楽しむといった、素敵な時間を過ごせるようになります。

紫外線対策のために、のれんを活用しようと考えている時には、
生地の長さの測り方を間違えないようにしなければいけません。

生地を斜めにしながら立てかけておく事を意識しながら、
生地の長さを決めておかなければ、微妙に長さが足りずに
陽射しが隙間から入り込んでしまう場合もあります。

2・3連の生地を使う際にも注意が必要で、強い日差しが当たっても
生地の模様が分かりやすいように、色合いを調整する事を考えてください。

文字や絵柄を白色で作ってしまうと、生地が強い日差しを
浴びている際に絵柄などが目立ちにくくなり、折角のデザインを
アピールしにくくなります。のれんの形

強い日差しの下でも目立ちやすい、青色や
緑色などの濃い色合いをベースにしておくと、
店の名前や商品のイラストや
写真をアピールしやすいです。

日陰でも目立ちやすいデザインにするためには、
ある程度は明るい色合いを使う必要もあります。

のれんを作る前に決めておく・サイズの決め方

のれんというものは、自分で作ったりも出来ますが
そういった機械がない場合には、業者などに依頼をして
作成してもらいましょう。

入り口などによく、布などが飾られているところが
あったりしますが、お店の名前などを入れたりすると
とても大きく目立たせる事が可能ですので、これは
お店の宣伝にももってこいの品物です。

のれんの仕様

使い道は様々ですが、自分の部屋に吊るしたいと
いうのであれば、おしゃれに飾るということも良いでしょう。

夏場などは、ドアでなくのれんにする事により、涼しさを
感じる事ができますので、暑い時には薄手の生地のものを
使用したものを、吊るしてみましょう。

その際にサイズアウトなどをしてしまうと、見た目なども
悪くなってしまいますので、サイズを測るということは
とても重要になってきます。手作業

小さすぎても、大きすぎても、入り口に飾るものですので
目立ってしまい、少し見た目の印象なども悪くなってしまいます。

そうならないように、きっちりとしたサイズのものを
使用するようにしましょう。

絵柄は、自分の好みに合わせてプリントするのも
良いので、人目の引くようなものを作ってみるのも
面白いかもしれません。

ドアでなく、のれんにすることで風通しが良くなりますので、
夏場は涼しく過ごす事が可能です。

エコに繋がる事ですので、部屋の雰囲気を変えるという事でも、
気分転換にもなりますので、挑戦してみるのも良いかもしれません。

自由にアレンジして、作ってみましょう。

のれんの生地の選び方

のれんを作成する時は、麻・綿・ポリエステル等の生地が
利用されていますが、業者によって扱っている種類には違いがあります。

また生地は使われている線維の種類が違うだけでなく、
その見た目、風合い、発色、色落ち等の点でも違いがあります。

その為、実際に作成する場合は予めどれを利用するかを決めておきます。のぼり旗を使うような場面

決める場合のポイントとなる事の一つが、
どの場所で利用するかと言う事です。
どのような見た目ののれんを求めているのか、
さらに分厚い物が良いのか、薄いタイプが
良いのかでも選ぶ物が変わります。

さらに管理手入れでも選ぶべき線維が変わる為、
どの人も同じものを選ぶと言う訳ではありません。

また実際にはどんな線維を利用しているかと言う事でも
値段にも差が出てくる場合も有ります。麻素材

実際にのれんを作成する時は、デザインや色、さらにサイズ等を
決めるだけでなくその生地の種類も決めます。

ただ、以前から作った事がある人や、布の風合い、
肌触り等について良く分かっている人であれば
自分の希望する種類が簡単に分かりますが、
初めての場合はなかなか何を利用すべきか
分からないと言う事も少なくありません。

さらに綿や麻以外の種類の物を利用している業者も存在しています。

実際に何を使って作るか決める場合は、その業者の利用している
材料の見本を取り寄せ、風合い、質感、発色、管理や手入れ方法等から
総合的に判断してどんな種類の物を利用して作るか決める事になります。