グラフィックデザインができれば非常に簡単です

のれんを専門会社に発注をする際には、ネット上で営業する専門店を利用すると、格安で利用できるメリットの他に、完全にオリジナルデザインで作成してもらえるメリットがあります。

のれんは本来は店先の出入り口の上に掛ける用途になり、和風スタイルの店舗系では必須アイテムとして用いられています。
一方でインクジェットプリントでカラフルに印刷を施したのれんにおいては、和風にこだわらずに自由な発想での利用が可能です。

カラフルなのれん

店舗系は勿論のことですが、自宅用でも使う方法はあり、のれんがあることにより風情を感じられますが、インクジェットプリントでフルカラー印刷を行った場合は、そのデザイン次第では他でも効果を発揮できます。

各のれんの専門店では、ネット上に公式サイトを開設していることが多く、1枚からでも発注可能とする専門店が多い中、風情とは真逆な発想でのデザインにも対応するので用途の範囲は広がります。

インクジェットを使うデザインに関しては色数が多くできることや、グラデーション加工ができることをメリットにすることができます。
普段からグラフィックソフトを使い慣れている方であれば、各店舗で対応する画像データの拡張子を確認した上でデータ作りを行うことも基本です。

のれんのデザインを優先するにはフルカラーは万全です

のれん作りを希望する方は、ネット上で営業する専門店を利用すると、オンライン上で全てのやり取りで希望通りのアイテムを作ることができます。

印刷方法にはインクジェットプリントを採用する専門店も多く、その他の印刷方法では表現することができないおしゃれなデザインでも十分に対応できます。

のれんの場合は一般的にシンプルなタイプが多く、片隅に小さな文字で店名を名入れしているタイプから、全体を使っても名入れ部分は1色のみで作られていることも目立ちます。

従来型のタイプではなくもっと自由な表現可能なのれんに仕上げたい方は、インクジェットであればフルカラーは勿論のこと、美しいグラデーション、細かな文字入れからデザインの細部にわたってデザインをそのまま印刷できるので非常に効果的です。

のれんデザインの表現

優れた専門店を利用すると、のれんの素材でインクジェット対応の場合はポリエステルに限定されてしまいます。
ところが専門店によっては麻風や綿風として特殊加工で作られた素材に対応している場合もあるので、単にグラフィックを魅せるのではなく、質感まで高めたいと希望する際には、特殊なポリエステル生地を使える専門店に任せることで全てを希望通りに完成させられます。

のれん製作で気を付けるポイント

のれんは、お店の印象を決めてしまう非常に重要なアイテムになります。
そのため、のれん作りはポイントを抑えて行うことが大切になります。

お店の特徴を伝えるために、大きく店名をデザインしたものや、あえてロゴや店名を隅の方へ配置し高級感を出す方法もあります。

飲食店ではのれんに自慢の料理を印刷しているものもあります。インターネットから注文できる多くのれん製作サイトでは、初めての方でも簡単に注文できるように、手書き文字や手書きのイラスト、エクセルで作ったデザインでの注文ができるところが増えています。

注文が簡単

のれん作りで重要なことはデザインの他に長さも大切です。注文する時は、用途やお店の雰囲気を考えて適切な長さを測って依頼する必要があります。

例えば、飲食店や店舗で使うサイズとして横幅は、間口の大きさに合わせる方がきちんとしたイメージになりやすく、お客さんも入りやすいサイズになります。

横幅に比べて縦幅は、標準サイズの三尺七寸と言われる113センチや、店内の様子が分かりやすい57センチ、目隠しの目的で使われることが多い160センチ以上サイズがあります。

1センチ単位で見積もりをしているサイトも多いので、希望のサイズを注文することが可能です。

綿素材で作るのれんのメリット

寒いシーズンにも重宝する柔らかく暖かな綿素材は、衣類にも多く使われており、丈夫で耐久性が優れているといった意味で、のれん作りにも適した素材で広く使われています。

綿素材の暖簾

綿は透ける素材ではないため、目隠しや間仕切り、日よけなどの物理的な目的でも有効で便利な素材です。

また、和の雰囲気を前面に演出したい場合も、この素材はおすすめの素材になります。
布地の特性から、自然なおもむきや高級感が出ることや、発色効果が高いので様々なカラーを入れたり写真の印刷も綺麗にできるといった特徴があります。

インターネットでのれんを注文できるサイトでは、この非常に扱いやすい素材を使った商品を販売するサイトも多く、日本らしい伝統的な模様や季節の趣向を凝らした上品なイラストをといり入れた既製品の販売もしています。

素材の特徴から看板の代わりに利用できたり、お店の中の間仕切りとして活用できるので飲食店や店舗で人気があります。

柔らかく手触りが良い素材の為、店内に入る際にくぐりやすいというメリットもあります。

最近では、高級感や質感が良いなどの特徴から、役者さんや出演者へ楽屋用のれんとして贈答用に依頼する方も増えています。

のれん製作の前に書体と色を決める

のれんはお店などの入り口に掛けられるものですから、
いらしたお客様などの目に最初に触れるものでもあります。

ここでの印象が来店するかどうかに大きな影響を与えることになります。

のれん書体

特に不特定多数の人に来てもらうような場合、お店の宣伝も
兼ねたものとなりますから、用途に応じて、効果的な宣伝となるものを
作成していくようにしたいものです。

そこでのれんの全体像を考えるときに重要となる
二つのポイントとして、書体と色というものが挙げられます。

お店の名前などを入れることが多いものですが、同じ店の名前でも、
書体が違う事で大きく印象が変わります。

毛筆だと和風の印象になりますし、その中でも楷書だと
きちんとした印象、草書だと優雅な印象など、見た人に
与える印象が変わってくるものです。

かわいらしくポップなものもありますから、お店のテイストによって
選ぶことができます。色も大きなポイントとなります。

デザイン選び

明るい色なのか、落ち着きのある色なのか、どのような印象を
持ってもらいたいかによって選ぶべきものは変わってきます。

書体によって合う色などもありますから、自分なりに
イメージを考えつつ合わせていくことが重要です。

細かい調整は作成時の打ち合わせで行っていくことになりますが、
大まかなイメージについては前もって固めておいたほうが
スムーズに作成することができるでしょう。

後悔しないのれんづくりができるように、今のうちから
イメージを作っておくことがオススメです。

のれんを作る前にデザインを決める

のれんはお店などの顔となる重要な部分ですから、
お客様の目に留まるようなものに仕上げていく必要があります。

そこでしっかり考えておきたいのがデザインです。
インパクトがあり、お店の雰囲気を伝えることができるようなものに
しておくと、宣伝効果も高くなるということができるでしょう。

まずはこうした部分を中心に考えていくようにしてみましょう。
まずは全体の印象について考えてみましょう。

特に気にしておきたいのが全体のカラーです。
食べ物を扱うところなら暖色系のほうがおいしそうで
暖かそうに感じやすいはずです。

デザイン

逆に清潔感なら寒色系のほうが出しやすいでしょう。
こうした形で全体の色を決めていき、そこからデザインを
考えていくのもおすすめです。

のれんはそれほど大きなものではないので、
情報を多く盛り込むということはしづらいです。

余りにもたくさんの情報を入れようとすると、逆にごちゃごちゃして
みえにくくなってしまう事もあるので注意しましょう。

絞り込んだほうが伝わりやすくなるという事もあるものです。
店舗名などを入れるだけでも、どのような字体にするかなどについて
変化がつけられます。

生地

和風のイメージにしたければ毛筆の書体を使うなど、
書体を変えるだけでもデザインが大きく変わってきます。

このように、宣伝に効果的なのれんを作成するためには
考えておくべきことがたくさんあります。

必要な情報を盛り込みつつキレイに見せるためには工夫が必要です。