のれん製作で気を付けるポイント

のれんは、お店の印象を決めてしまう非常に重要なアイテムになります。
そのため、のれん作りはポイントを抑えて行うことが大切になります。

お店の特徴を伝えるために、大きく店名をデザインしたものや、あえてロゴや店名を隅の方へ配置し高級感を出す方法もあります。

飲食店ではのれんに自慢の料理を印刷しているものもあります。インターネットから注文できる多くのれん製作サイトでは、初めての方でも簡単に注文できるように、手書き文字や手書きのイラスト、エクセルで作ったデザインでの注文ができるところが増えています。

注文が簡単

のれん作りで重要なことはデザインの他に長さも大切です。注文する時は、用途やお店の雰囲気を考えて適切な長さを測って依頼する必要があります。

例えば、飲食店や店舗で使うサイズとして横幅は、間口の大きさに合わせる方がきちんとしたイメージになりやすく、お客さんも入りやすいサイズになります。

横幅に比べて縦幅は、標準サイズの三尺七寸と言われる113センチや、店内の様子が分かりやすい57センチ、目隠しの目的で使われることが多い160センチ以上サイズがあります。

1センチ単位で見積もりをしているサイトも多いので、希望のサイズを注文することが可能です。

綿素材で作るのれんのメリット

寒いシーズンにも重宝する柔らかく暖かな綿素材は、衣類にも多く使われており、丈夫で耐久性が優れているといった意味で、のれん作りにも適した素材で広く使われています。

綿素材の暖簾

綿は透ける素材ではないため、目隠しや間仕切り、日よけなどの物理的な目的でも有効で便利な素材です。

また、和の雰囲気を前面に演出したい場合も、この素材はおすすめの素材になります。
布地の特性から、自然なおもむきや高級感が出ることや、発色効果が高いので様々なカラーを入れたり写真の印刷も綺麗にできるといった特徴があります。

インターネットでのれんを注文できるサイトでは、この非常に扱いやすい素材を使った商品を販売するサイトも多く、日本らしい伝統的な模様や季節の趣向を凝らした上品なイラストをといり入れた既製品の販売もしています。

素材の特徴から看板の代わりに利用できたり、お店の中の間仕切りとして活用できるので飲食店や店舗で人気があります。

柔らかく手触りが良い素材の為、店内に入る際にくぐりやすいというメリットもあります。

最近では、高級感や質感が良いなどの特徴から、役者さんや出演者へ楽屋用のれんとして贈答用に依頼する方も増えています。

京都のれん株式会社で十番糸を使ったのれんをオーダー

さまざまな衣類に活用されています

のれんを作成するのにいろいろな素材が使われますが、
十番糸は薄地の柔らかい素材になっています。

十番天竺とも呼ばれていて、法被などによく使われていて
十番糸の厚さの単位になります。

柔らかい素材ですが十番の糸で織られているので非常に丈夫で、
のれんとしてしっかりとした印象を演出することが可能です。

軽さが特徴的な素材ですが、この名前の由来はインドにあると
言われています。

オーダーのれん

いろいろな生地や編み方などが存在している現在において、
衣類を購入する際デザインはもちろん、素材でも選ぶことが
行われています。

以前から利用されてきたものの中に天竺素材というアイテムが
あり、インドがその由来になっている素材です。

インドには天竺と呼ばれていた背景があり、インドから輸入
した生地がそう呼ばれるようになりました。

たくさんの衣類に応用することができ、セーターや寝具の
シーツなどに利用することが可能です。

軽量で通気性に優れていることから使い勝手が良く、
シャツ類の場合はポリエステルと綿などで編まれた
素材を利用することができます。

汗を吸収することができたり、肌触りが良く洗ったとしても
比較的短時間で乾くことが特徴的です。

伝統的な技法や最新技術を利用できます

京都のれんでは十番糸などをつかったさまざまな種類の
のれんを製作することができます京都のれんが製作したり
販売するものはすべて日本製で、日本における伝統工芸に
携わる職人の考え方や仕事の仕方などを活用しています。

のれんには日本製であることを意味する品質表示マークが
付与されていて、伝統的な技術を尊重しながら新しい技術
を導入している会社です。

デザイン

例えばのれんを製作する場合、欠かせないのは染色ですが、
従来だと本染め(染め抜き)が一般的でした。

本物志向のクライアントにはこのような技法をすすめて
いますが、近年プリント技術などの向上に伴い、京都のれん
ではインクジェットプリントを活用したのれんの制作にも
対応しています。

プリンターを使って紙にフルカラー印刷するような感じで
製作することができ、細かく繊細なデザインやたくさんの
色を使ったデザインを実現することが可能です。

最新のデザインソフトを使いクライアントにデータを
製作してもらうことで、コストを抑えることができます。

生地の素材や糸の種類などたくさんのアイテムから
クライアントが選択することができ、伝統的なものから
最新式の技法まで、幅広く対応することができます。

のれんの生地の選び方

のれんを作成する時は、麻・綿・ポリエステル等の生地が
利用されていますが、業者によって扱っている種類には違いがあります。

また生地は使われている線維の種類が違うだけでなく、
その見た目、風合い、発色、色落ち等の点でも違いがあります。

その為、実際に作成する場合は予めどれを利用するかを決めておきます。のぼり旗を使うような場面

決める場合のポイントとなる事の一つが、
どの場所で利用するかと言う事です。
どのような見た目ののれんを求めているのか、
さらに分厚い物が良いのか、薄いタイプが
良いのかでも選ぶ物が変わります。

さらに管理手入れでも選ぶべき線維が変わる為、
どの人も同じものを選ぶと言う訳ではありません。

また実際にはどんな線維を利用しているかと言う事でも
値段にも差が出てくる場合も有ります。麻素材

実際にのれんを作成する時は、デザインや色、さらにサイズ等を
決めるだけでなくその生地の種類も決めます。

ただ、以前から作った事がある人や、布の風合い、
肌触り等について良く分かっている人であれば
自分の希望する種類が簡単に分かりますが、
初めての場合はなかなか何を利用すべきか
分からないと言う事も少なくありません。

さらに綿や麻以外の種類の物を利用している業者も存在しています。

実際に何を使って作るか決める場合は、その業者の利用している
材料の見本を取り寄せ、風合い、質感、発色、管理や手入れ方法等から
総合的に判断してどんな種類の物を利用して作るか決める事になります。