のれんを設置する場所によっては防炎効果が必要

今までのれんといえば、お店の看板としての役割を持つアイテムとして有名でしたが、近年は通販サイトで様々な素材やデザイン、サイズのものが手に入るようになったため、商業施設や一般家庭まで幅広い用途で活用されるようになっています… 続きを読む のれんを設置する場所によっては防炎効果が必要

オリジナルこそが伝統

現在では安価な化学繊維製の既製品や、家庭向けのインテリア性の高い製品も多いのれんですが、現在も使用されている店先で見られるものは、本来その店の商号や家紋を入れて独自に作られていました。 時代が進むにつれて銭湯の湯のれんや… 続きを読む オリジナルこそが伝統

グラフィックデザインができれば非常に簡単です

のれんを専門会社に発注をする際には、ネット上で営業する専門店を利用すると、格安で利用できるメリットの他に、完全にオリジナルデザインで作成してもらえるメリットがあります。 のれんは本来は店先の出入り口の上に掛ける用途になり… 続きを読む グラフィックデザインができれば非常に簡単です

伝統的から近代的まで色々な染め方

多種多様なデザインが特徴的なのれんですが、そのデザインに仕上げるための染め方は色々あります。 昔ながら染め方の場合は色の薄い生地を用いて、デザイン上の薄い部分はそのまま残し、それ以外のところに濃い色を重ねていくという流れ… 続きを読む 伝統的から近代的まで色々な染め方

のれん製作で気を付けるポイント

のれんは、お店の印象を決めてしまう非常に重要なアイテムになります。 そのため、のれん作りはポイントを抑えて行うことが大切になります。 お店の特徴を伝えるために、大きく店名をデザインしたものや、あえてロゴや店名を隅の方へ配… 続きを読む のれん製作で気を付けるポイント

京都のれん株式会社で十番糸を使ったのれんをオーダー

さまざまな衣類に活用されています のれんを作成するのにいろいろな素材が使われますが、 十番糸は薄地の柔らかい素材になっています。 十番天竺とも呼ばれていて、法被などによく使われていて 十番糸の厚さの単位になります。 柔ら… 続きを読む 京都のれん株式会社で十番糸を使ったのれんをオーダー

のれん製作の前に書体と色を決める

のれんはお店などの入り口に掛けられるものですから、 いらしたお客様などの目に最初に触れるものでもあります。 ここでの印象が来店するかどうかに大きな影響を与えることになります。 特に不特定多数の人に来てもらうような場合、お… 続きを読む のれん製作の前に書体と色を決める

のれんを作る前にデザインを決める

のれんはお店などの顔となる重要な部分ですから、 お客様の目に留まるようなものに仕上げていく必要があります。 そこでしっかり考えておきたいのがデザインです。 インパクトがあり、お店の雰囲気を伝えることができるようなものに … 続きを読む のれんを作る前にデザインを決める

日よけのれんと2・3連のれんの決め方

とても日当たりの良い位置に店舗を構える事ができたのは良いが、 夏場などは日当たりが良すぎて、陽射しが店内にまで入り込んで 困っている店も珍しくありません。 その陽射しの強さに対策するために、のれんを作成している店舗は 現… 続きを読む 日よけのれんと2・3連のれんの決め方

のれんを作る前に決めておく・サイズの決め方

のれんというものは、自分で作ったりも出来ますが そういった機械がない場合には、業者などに依頼をして 作成してもらいましょう。 入り口などによく、布などが飾られているところが あったりしますが、お店の名前などを入れたりする… 続きを読む のれんを作る前に決めておく・サイズの決め方