のれん製作で気を付けるポイント

のれんは、お店の印象を決めてしまう非常に重要なアイテムになります。
そのため、のれん作りはポイントを抑えて行うことが大切になります。

お店の特徴を伝えるために、大きく店名をデザインしたものや、あえてロゴや店名を隅の方へ配置し高級感を出す方法もあります。

飲食店ではのれんに自慢の料理を印刷しているものもあります。インターネットから注文できる多くのれん製作サイトでは、初めての方でも簡単に注文できるように、手書き文字や手書きのイラスト、エクセルで作ったデザインでの注文ができるところが増えています。

注文が簡単

のれん作りで重要なことはデザインの他に長さも大切です。注文する時は、用途やお店の雰囲気を考えて適切な長さを測って依頼する必要があります。

例えば、飲食店や店舗で使うサイズとして横幅は、間口の大きさに合わせる方がきちんとしたイメージになりやすく、お客さんも入りやすいサイズになります。

横幅に比べて縦幅は、標準サイズの三尺七寸と言われる113センチや、店内の様子が分かりやすい57センチ、目隠しの目的で使われることが多い160センチ以上サイズがあります。

1センチ単位で見積もりをしているサイトも多いので、希望のサイズを注文することが可能です。

綿素材で作るのれんのメリット

寒いシーズンにも重宝する柔らかく暖かな綿素材は、衣類にも多く使われており、丈夫で耐久性が優れているといった意味で、のれん作りにも適した素材で広く使われています。

綿素材の暖簾

綿は透ける素材ではないため、目隠しや間仕切り、日よけなどの物理的な目的でも有効で便利な素材です。

また、和の雰囲気を前面に演出したい場合も、この素材はおすすめの素材になります。
布地の特性から、自然なおもむきや高級感が出ることや、発色効果が高いので様々なカラーを入れたり写真の印刷も綺麗にできるといった特徴があります。

インターネットでのれんを注文できるサイトでは、この非常に扱いやすい素材を使った商品を販売するサイトも多く、日本らしい伝統的な模様や季節の趣向を凝らした上品なイラストをといり入れた既製品の販売もしています。

素材の特徴から看板の代わりに利用できたり、お店の中の間仕切りとして活用できるので飲食店や店舗で人気があります。

柔らかく手触りが良い素材の為、店内に入る際にくぐりやすいというメリットもあります。

最近では、高級感や質感が良いなどの特徴から、役者さんや出演者へ楽屋用のれんとして贈答用に依頼する方も増えています。